フライパンでざっくりカレーづくり

カレーづくりでなにが嫌って、実は食べ終わった後の鍋を洗うことです。
汚れを落とすのも、臭いを消すのも大変なんです。

大きな鍋なんかで作ったら、漬けておくのに1日、その後も洗い流すのに一苦労。
それでいて臭いが完全には消えずしばらくカレー臭い鍋になってしまうんですよね。
本当はカレー専用鍋にしてしまえばいいのでしょうけど、我が家の狭いキッチンにはそんなに鍋を置くスペースはございません。
そこで最近、私はカレーをフライパンで作るようにしています。
フライパンだと1食分ぐらいしか作れませんが、むしろ作りすぎて食べ飽きることがないのでいいです。
長時間煮込む手間かけたカレーは作れませんが、肉や野菜に火が通る程度でも、スパイスとカレールーを駆使すれば相応に美味しいカレーができます。
なにより洗い物が楽!
フッ素加工のフライパンで汚れも落ちやすく。
臭いも鍋に比べると比較的残りにくいのです。
洗う前にカレーの汚れをいらない布きれや新聞紙などで拭き取れば、洗うのも簡単。
カレーをよりお手軽に作れて後始末も楽なのでいいですよ